このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

サービスニュース

ゲームアプリに特化したダイナミックリターゲティング広告「Dynalyst for Games」、 ゲーム向けデータフィード「GameFeed」の提供を開始

~ユーザーのゲーム習熟度に応じた広告設計・入稿・管理などの作業がより容易に~

広告

11982_ext_05_0.png
株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)のアドテクノロジー分野におけるサービス開発を行うアドテクスタジオは、スマートフォゲームアプリに特化したダイナミックリターゲティング広告「Dynalyst for Games(ダイナリストフォーゲームス)」において、ゲーム向けデータフィード「GameFeed(ゲームフィード)」の提供を開始いたしました。

拡大を続けるスマートフォン広告市場において、近年、既にアプリをダウンロードしたユーザーを対象に再度利用を促す目的で配信される「リエンゲージメント広告」の活用が浸透しています。アプリプロモーション需要の継続的な拡大に合わせて、リエンゲージメント広告商品の拡充が進み、2016年のリエンゲージメントディスプレイ広告出稿額は69億円、2017年には350億円に到達すると予測されています(※1)

「Dynalyst for Games」は、スマートフォンゲームアプリに特化したダイナミックリターゲティング広告です。ユーザーのプレイ状況やステータスなどを元にエンゲージメントレベルを解析、ユーザーをリアルタイムにセグメント化し、広告を配信いたします。ゲームアプリの利用状況に応じて、ユーザー一人一人に最適化された広告を配信することができ、スマートフォンゲームアプリの離脱防止と休眠ユーザーのゲーム復帰に貢献いたします。

このたび開始した新サービス「GameFeed」は、ゲームに特化したデータフィードで、スマートフォンゲームアプリ提供企業が保有するユーザーデータと連携しデータフィードを生成、ユーザーのゲーム習熟度に応じた広告設計を実現いたします。「GameFeed」を利用することで、スマートフォンゲームアプリ提供企業は、広告設計・入稿・管理など、広告出稿する際の作業がより容易となり、広告配信・運用効率化に貢献いたします。

アドテクスタジオは今後も高度なアドテクノロジーを活用し、付加価値の高い広告開発に努めてまいります。

※1 出典:株式会社CyberZ 「スマートフォン広告市場調査」(2016年4月20日)

■アドテクスタジオとは

サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織です。2013年10月1日に設立し、現在では7つの子会社を包括、計215名のエンジニアによって、RTB広告やDSP、DMPなど20以上のサービスを提供しております。