このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

サービスニュース

Google Dynamic Remarketingに対応する、クリエイティブのテンプレートパッケージ「CADY」を提供開始

~業種毎に最適なクリエイティブを展開し、CTR200%超の広告効果向上を実証~

サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 藤田 晋、東証一部上場:証券コード4751)は、Google Dynamic Remarketing(グーグル ダイナミック リマーケティング)の特性を活用した、広告用テンプレートパッケージサービス「CADY(キャディ)」の提供を開始いたしました。
 
近年、運用型広告がインターネット広告市場の成長を牽引しており、2014年の運用型広告市場は前年比24%増と成長しております(※1)。運用型広告においては、大量のクリエイティブ制作とデータの解析・スピーディーな運用が求められており、広告効果を大きく左右する因子として、クリエイティブの重要度が増しています。
 
このたび提供を開始するダイナミック広告運用のテンプレートパッケージ「CADY」は、当社が蓄積する広告ノウハウ・ナレッジを活かし、開発ツールGoogle Web Designer(※2)を活用することで、Google Dynamic Remarketing(※3)向けに最適なクリエイティブテンプレートを業種毎に展開し、広告効果の向上を図るというものです。
 
不動産、旅行、人材、通販など各業種に最適なクリエイティブテンプレートを、ベーシックパターンだけでも50以上用意しており、随時更新を行うことで、常に最新のテンプレートを豊富に揃えます。なお、HTML5をベースにしているため、アニメーションを含めたインタラクティブな広告展開や、各ブランドイメージに合わせたクリエイティブのカスタマイズも可能です。
 
運用型広告に強みをもつ当社では、ダイナミック広告の運用効果をより最大化させるために、クリエイティブをテンプレート化することで迅速な制作対応を可能にいたしました。テスト配信では、通常のダイナミックテンプレートと比較し、CTRや獲得数(コンバージョン)の大幅な向上、CPA削減の効果事例が出ています。
 
今後も当社では、より高速で高品質なクリエイティブの提供により、広告効果を最大化させるダイナミック広告の運用を提供してまいります。
 
 
■Google Dynamic Remarketing対応のクリエイティブのテンプレートパッケージ「CADY」の強み
1)不動産、旅行、人材、通販など各業種に最適なクリエイティブテンプレートを、ベーシックパターンだけでも50以上と大量にご用意することで、案件にあったテンプレートが選択可能。
2)大量のテンプレートがあることにより、あらゆる効果検証が可能。
3)Google AdWordsを用いて、運用後のディティール検証を簡単に行えるため、Webマーケティングの専門的な知識がなくても扱える設計のテンプレートをご用意。
4)効果の高いテンプレートを日々ブラッシュアップしており、常に最新のテンプレートを豊富にご用意。
 
 
※1 出展:株式会社電通 「日本の広告費」
 
※2 Google Web Designerとは、
視覚的なコーディング インターフェースを使用して、HTML5 広告をはじめとするさまざまなウェブ コンテンツ制作できる、高度なWEBアプリケーションツールです。
 
※3 Google Dynamic Remarketingとは、
Googleが提供する動的リマーケティング広告。ユーザーがサイトを訪問中に閲覧したコンテンツや商品に適した内容のリマーケティング広告を表示できる仕組みで、従来のリマーケティング広告よりもマッチング精度が高く、よりユーザーのニーズに合わせた情報を表示できる動的ディスプレイ広告です。