このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

サービスニュース

データフィードマネジメントサービス「CA DataFeed Manager」に、 データフィード計測機能とLPO機能を追加

~データフィード自動生成から広告効果計測、効果検証までを一貫で対応、広告効果の最大化に貢献~

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、データフィードマネジメントサービス「CA DataFeed Manager(シーエーデータフィードマネージャー)」に、新たにデータフィード計測機能とLPO機能を追加いたしました(※1)

「CA DataFeed Manager」は、企業が保有する自社の商品データに基づき、各広告配信先の仕様にあわせ最適化したデータフィードを生成するツールです。ダイナミックリターゲティング広告をはじめ、検索連動型広告や動画広告など、多様な配信先と連携しているほか、充実したオプション機能も備えており、広告配信時のオペレーションに関する管理コストを削減し、広告効果の最大化に貢献いたします。 EC企業をはじめ、旅行サイトや人材サービスなど、多業種の企業に導入いただいております。

このたび「CA DataFeed Manager」にデータフィード計測機能とLPO機能を新たに追加し、この新機能を利用することで、データフィードの自動生成から、広告効果の計測、効果検証までを一貫して行うことができます。配信実績に応じてデータフィードを最適化し、広告配信するというPDCA運用が可能となり、企業の広告効果の最大化に貢献いたします。なお、同機能を備えているデータフィードマネジメントサービスは国内で唯一となります(※2)

■データフィード計測機能
企業サイト内に「CA DataFeed Manager」のタグを設置いただくことで、データフィード毎にクリック数やアクション数などの広告効果計測が可能となります。効果実績に基づきデータフィードを最適化し、より広告効果の高いデータフィードを生成いたします。

■LPO機能
データフィードマネジメントサービスを活用した広告配信において、これまでリンク先の設定はひとつと限られていましたが、LPO機能を活用することで、新たに複数のリンク先を設定することができ、実績の計測やA/Bテストを行うことが可能となります。

例えば、EC企業がダイナミックリターゲティング広告を出稿する場合、データフィード機能を利用することで、他の広告効果計測ツールの導入・連携をせずに、広告効果の計測が可能となります。また、LPO機能を使うことで、「商品詳細ページ」と「検索結果ページ」、どちらがリンク先の設定として適しているかなどの効果検証を行うことができます。両機能にて計測した効果実績に基づき、より広告効果の高いデータフィードの生成を実現いたします。

今後も「CA DataFeed Manager」は、機能強化を図ると同時に、企業に対し最適なインターネット広告ソリューションを提供してまいります。

※1 LPO機能は、2016年2月29日より提供を開始いたします。
※2 2016年2月11日時点

■アドテクスタジオとは

サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織です。現在では7つの子会社を包括し、計215名のエンジニアによって、RTB広告やDSP、DMPなど20以上のサービスを提供しております。