このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

プレスリリース

インフィード広告に特化したクリエイティブ運用プラットフォーム「iXam Creative Lab.」を開発

~膨大なクリエイティブを速やかに効果検証し、インフィード広告の効果最大化に貢献~

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、インフィード広告に特化したクリエイティブ運用プラットフォーム「iXam Creative Lab.(イグザム クリエイティブ ラボ)」を開発いたしました。

インフィード広告のクリエイティブは、曜日や季節、時事性などリアルタイム性のある要素を取り入れ、ユーザーの関心を惹く表現が重要とされております。また視認性の高い広告枠のため、定期的なクリエイティブ変更や、ターゲティングセグメントに応じたクリエイティブ設計など、きめ細やかな運用が重要となります。そのため、バリエーション豊かな大量のクリエイティブを速やかに効果検証し、PDCAサイクルをまわすことが必要となります。

「iXam Creative Lab.」は、インフィード広告に特化したクリエイティブ運用プラットフォームです。クリエイティブの効果を一覧で可視化でき、新規クリエイティブの効果や、指定したデザイナーのクリエイティブの効果など、多様な切り口で効果を確認できます。また、これまでのレポートツールでは表現が難しかった動画配信やカルーセル広告(※1)などのアドフォーマットにも対応しており、インフィード広告のクリエイティブ効果を一元管理することができます。

当社ではこれまでにも、インターネット広告総合運用プラットフォーム「iXam(イグザム)」やインフィード広告に対応した自動入札ツール「WABI SABI’d(ワビサビ)」「KURO OBI’d」(クロオビ)」などの運用システムを開発しております。これらのサービスに加え新たに「iXam Creative Lab」を活用することで、インフィード広告の効果最大化に貢献いたします。

※1 2015年5月より、Facebook®に導入された広告で、1つの広告枠に複数の画像をスライド形式にて掲載することができます。

■アドテクスタジオとは
サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織です。現在では7つの子会社を包括し、計215名のエンジニアによって、RTB広告やDSP、DMPなど20以上のサービスを提供しております。