Social Intiiatives / 社会的な取り組み

社会的な取り組み

CA Tech Kids

小学生向けIT教育「株式会社CA Tech Kids」

IT産業の国際競争力や雇用の創出の観点から、日本で優れたプログラミング人材を若いうちから育てることは社会的意義の大きいことだと考え、連結子会社 株式会社CA Tech Kidsにおいて、定期的に小学生向けプログラミング講座を開催しています。iPhoneアプリ開発や2Dゲーム開発を通じてプログラミングを学ぶだけでなく、子供の想像力を育むような講座を実施。将来的に優秀なプログラマーの育成・輩出を目指しています。

Woman&crowd

育児中の女性支援 Woman&crowd(ウーマン&クラウド)

多様化する現代において「女性の新しい働き方」の支援を目的とし、育児中の母親と、仕事を依頼したいクライアント(個人・法人)をマッチングするプラットフォームサービス「Woman&crowd(ウーマン&クラウド)」の提供や、セミナー、イベントを展開してまいります。

提供:株式会社STRIDE

女性活用にも力を入れるCyber Agentの仕組み macalon マカロン

人事本部所属 macalon発案者 4歳児双子のママ

昨今、日本政府が女性の社会進出を促進し、2020年までに女性管理職比率30%以上を目指すことを目標に掲げている中、当社においても、女性の活用を促進する制度を2014年5月に新設しました。

新制度の名称は、「macalon(マカロン)パッケージ」。「macalon」という名称は、「ママ(mama)がサイバーエージェント(ca)で長く(long)働く」という意味を込めたものです。当社は、ベンチャー企業でありながらも社員の終身雇用を掲げ、「有能な社員が長期にわたって活躍し続ける環境づくり」に力を入れています。特に、女性活用の一環として、時短勤務制度や出産手当金といった制度や、パパママ社員の交流機会を創るなど、社員の育児支援を行ってまいりました。当社女性社員の平均年齢が29.5歳(2014年9月末時点)に上がり、今後さらに出産・育児を迎える社員の増加が予想されることから、これまでの人事制度に加え、新たな女性支援制度を新設しました。新制度「macalon(マカロン)パッケージ」の、代表的な4つの制度を紹介します。

もちろん、これら制度は男性の取得も可能です。
また、当社では、これらの制度が、実際に活用されるための工夫をしています。たとえば、1.「妊活休暇」については、周囲に知られずに利用できるよう、社員が取得する有給休暇の呼び方を「エフ休(Female休暇)」に統一し、利用用途がわからないよう配慮しています。
そういった細部にまで配慮した制度・環境づくりにより、現在、サイバーエージェント単体の女性管理職の比率は、プロデューサー・ディレクターを含め22.8%になります。(2014年9月末時点)
昨今、管理職に限らず女性社員の活躍の場は多様化しており、営業職やデザイナー職など、自身が希望する職種で、プレイヤーとして現場で活躍するプロフェッショナルも増えてまいりました。
当社には、性別やライフステージに制限されることなく活躍を希望する女性が多く在籍しており、これからもそんな女性を支援する取り組みを通じ、社員がワーク・ライフを充実させながら、長期で働ける会社づくりを図ってまいります。

産休・育休から復帰するママ社員9割サイバーエージェントの魅力

時間労働ではなく、成果フォーカスで評価をしてくれる環境がある

株式会社STRIDE 代表取締役社長
2014年8月復帰
4歳児と0歳児のママ

本人の働きたい意志を最大限に尊重してくれる風土がある

Ameba事業本部 プロデューサー
出産後、新卒入社
2歳児のママ

同じ境遇で活躍する先輩
ママ社員の存在

インターネット広告事業本部 営業
2014年9月復帰
1歳児のママ

チャレンジできる環境があり、もったいない程のキャリアが積める

株式会社サムザップ リーダー
2013年4月復帰
2歳児のママ