• home.pngホーム    footpath_img.png    
  • FEATURES    footpath_img.png    
  • FEATURES一覧    footpath_img.png    
  • 高い視点で組織の役割を考えるインフラチームを牽引するリーダー
  • Interview
  • 2016.10. 6
  • facebook post

高い視点で組織の役割を考える
インフラチームを牽引するリーダー

  • 13683_ext_05_0.jpg?34679a42dab3f9e51bc76d4d442ab2d4

    須藤涼介
    技術本部
    サービスリライアビリティG
    エンジニア/マネージャー

    2006年中途入社、11年目。入社後はカスタマーサポートを担当したのち、インフラエンジニアとしてAmebaが提供するサービスのインフラ環境の整備、運用を横断で担当。現在はサービスリライアビリティグループのエンジニア兼マネージャー。

個人ではなくチームとして取り組むことが大切

サイバーエージェントに入社する前は飲食業界で働いていました。ただ、以前からIT関連の仕事がしたいと考えていて、たまたま見つけたサイバーエージェントのカスタマーサポートの募集に応募したことが入社のきっかけです。その後、データセンターの構築を手伝ったことがきっかけとなり、インフラエンジニアとして働くことになりました。

キャリアの転機になったのは、チームをマネジメントする立場となったことです。それ以前はサービスごとに1人のインフラエンジニアがついていましたが、サービスの信頼性やクオリティは担当者のスキルに依存しやすくなりますし、同時にエンジニアとしての成長も担当するサービスに依存しやすくなる傾向がありました。こうした点に疑問を持ち、よりサービスの成長に貢献し、各インフラエンジニアが技術力を向上できる環境をつくるためには、チームとして取り組むことが必要だと考えるようになったんです。今から振り返ると、個人ではなくチームとして大きな成果を生み出すことを意識するようになった、このタイミングがキャリアの転換点ですね。

13683_ext_09_0_L.jpg?d556096e7c7d4bc379ffebc17af36764

本来の業務に集中するために改革を断行

インフラの構築において設計はやはり重要なポイントであり、インフラエンジニアとして最も知識やノウハウを求められる部分です。また、データベースの構築や運用もインフラエンジニアの業務として切り離せません。DevOpsがキーワードとして注目され、インフラ環境の整備や運用のためのツールが登場したことで、インフラエンジニアとして本来集中すべきこうした部分に多くの時間を割けるようになりました。もちろん、インフラチームとしても最新の技術動向をつねにキャッチアップし、よりよいインフラを構築するために必要な新しい技術は積極的に採り入れています。

運用管理系のSaaSを活用するケースも増えています。以前、こうしたツールはOSSを利用し自社で管理することが多く、外部のサービスを利用するという文化はありませんでした。しかし現在は必要な部分は外部のSaaSも有効に利用し、よりサービス自体の開発に集中する方向にシフトしています。最近では、アプリケーションエンジニアとのコミュニケーションも変わりつつあります。たとえばDockerにはインフラのセットアップやデプロイ時間を短縮できるメリットがありますが、個人的に特に魅力に感じているのは、アプリエンジニアとの距離が近くなること。Dockerを使うことで、アプリエンジニアとインフラエンジニアが同じ開発サイクルの中で作業を進めることができます。サービスの質を高めるためにはインフラエンジニアとアプリエンジニアが密に連携すべきだと考えているので、こういった取り組みは今後も積極的に進めていきたいと思っています。

13683_ext_09_1_L.jpg?b01a63045118f4e069809a4177fc6fa3

エンジニアの裁量で、そのタイミングでのベストな技術を選定

現在のサイバーエージェントのインフラはプライベートクラウドを中心に、AWS(Amazon Web Services)やGCP(Google Cloud Platform)といったパブリッククラウドも利用しています。パブリッククラウドについてはサイバーエージェントとしてかなり早い時期から使い始めていて、インフラチームにもそれぞれのサービスの特性に対する理解など、ノウハウが蓄積されています。それを踏まえ、サービスの要件や特性に合わせて利用するサービスを選択する形です。どれか1つに集約した方がノウハウやリスク管理も含めて楽という見方もあると思いますが、そもそもサイバーエージェントはエンジニアに裁量が与えられており、その時にベストな技術を選定し使うという社風なんですね。これはミドルウェアでも同様で、データベースもサービスによってMySQLやMongoDB、Cassandraなどさまざまです。新しい技術の採用は、自由と引き換えに責任も生じますが、さまざまな技術に触れることでエンジニアとしての幅も生まれるので、何か1つに集約するということは考えていません。

現在取り組んでいるのはサービスのリリース時点での品質担保に向けた取り組みです。以前のWebサービスでは、リリースしてから改善を重ね集客していくことが一般的でしたが、ネイティブアプリでは、リリース直後にアプリランキングで上位になることが重要になってきます。ただその時期は開発陣の繁忙期でもあるため、リリース直後の負荷対策や品質担保を行う品質対策チームを作り、品質改善を集中的に行う仕組みを整えています。こういった取り組みを加速させて、事業に貢献していきたいと思います。