このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

トップメッセージ

夜遅くまで何の仕事をするかについて

1998年7月28日

私たちはよく、「そんな遅くまで何の仕事をしているの?」と聞かれます。 確かに、何がそんなに忙しいんだろうな・・と考えてしまうことがあります。企画営業会社なので、企画書を書いたり、ミーティングや打ち合わせをしたりするのに時間がかかるのは確かです。 新規事業の立ち上げが相次いでいて準備に追われているというのもあると思いま す。 ただし、時間を長くかければいい訳ではないのは、当たり前で、早く済むなら済ませられるほうが良いに決まっています。もちろん私は残業を強要したことは一度もありません。 それでも私たちが遅くまで働いてしまう理由は、私たちが高い視点で、仕事に取り組んでいるためになかなか満足がいかないということがあると思います。あと、会社自体がまだサークルみたいな雰囲気が残っていて、ついつい集まってしまうということもあると思います。 でも、私たちが営業会社として圧倒的に強い会社になっていく為に、一番大切なことは、遅くまで企画書を書くことではなく、少しでもたくさんのコミュニケーションをクライアントとの間に持って、クライアントのことを理解することだと思います。 昼間は電話で、夜はメールやファックスで、クライアントに絶えず、新しい提案や情報提供を行っていくことが、私たちのコンペティター(競争者)にとっての最も脅威的な存在になると思っています。 いくら顔のかっこいい美男子でも、たくさん会っているかっこ悪い男に彼女を取られてしまうのも、同じ論理です。愛するクライアントのことを常に考えていれば、ちょっとしたことでも自然とメールを送りたくなると思います。 メールじゃんじゃん送ってますか?>営業マンの皆さん