このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

トップメッセージ

雇用創出

1999年6月7日

思った以上にハードだった新卒会社説明会は、一応今日で予定をすべて終了しました。 気がついてみれば、今年は50回も開催していました。1200名以上の学生が面接を受けてくれたことになります。 設立2年目で20名の採用予定数に驚く人はいますが、会社のアーリーステージは優秀な人材を採用する絶好のチャンスだと思います。 新卒を教育して戦力化するのは確かに大変ですが、インターネットに関しては普通の社会人よりもずっと即戦力に近い学生がたくさんいます。 一昨日の日経新聞の1面に、成長産業として期待されるインターネットも雇用の受け皿としては頼りないという記事が載っていました。 確かに今のところは、インターネットでは人を増やして会社を大きくするタイプの事業は少ないようです。 雇用の受け皿というとなんとなく聞こえが悪いですが、会社を大きくしていくのに、人をどんどん増やすことに、私は何の迷いもためらいも感じません。雇用を創出したいと考えたことはないですが、産業を産み出し雇用を創出することは大きな社会貢献なのかも知れません。正直にいうと社会貢献がしたいと感じたこともまだ一度もありませんが、どうせなら社会的に意義のあることをしたいと思います。 若い優秀な人材の採用に成功しているので、雇用の受け皿というネガティブな意味合いではなく、サイバーエージェントの社員から次々に起業家が産まれる体制を作っていきたいと思います。