このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

トップメッセージ

スピード最優先

1999年9月13日

先日、取引先の方から 「サイバーエージェントに問い合わせを出したら、すぐに営業担当から連絡があって驚いたよ」 と、対応の速さを褒められました。 これは3ヶ月前から導入した「入札式」の成果だと思います。 積極的なパブリシティ活動と口コミの成果かサイバーエージェントでは毎日多数の資料請求や問い合わせをメールで頂いていますが、この対応スピードを上げるために考えたのが「入札式」です。 資料請求が来ると、事務局から営業マン全員が受け取るメールリストに一斉に転送され、一番速くそのメールに返信した人に営業権利があるというものです。 この制度を採用した結果、営業グループのスピードに対する認識が強まった感じがします。外出先でメールが見れないと不利と考えて、モバイルを買った営業マンもいます。 ネット業界は私の少々せっかちな性格でもちょうど心地よく感じれるくらいスピーディに変化していて、それでいて企業経営的にもスピードが最も重要なのだと感じます。 サイバーエージェントでは突然、方針を変更したり、新規事業を始めたり、人事異動をしたりすることが日常的に頻繁に行われていますが、とにかくスピードを最優先する体制をとっています。 方針や組織を変更するのに、その場で決断して実行に移さなくては、期末を待っていたり、株主や上司の確認を待っていたりしては、ドッグイヤーと呼ばれるこの業界ではとても間に合いません。 組織全体がスピーディに対応していくのは口で言うほど簡単ではありませんが、これは小回りの利くベンチャー企業の特権だと思いますので、これからもスピード最優先の方針でいこうと思います。