このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

トップメッセージ

日報制度

2000年9月17日

サイバーエージェントでは、毎日全社員が一日の仕事内容を短くまとめて日報にして、全社員が受け取るメールリストに送っています。 会社を始めてすぐに導入したこの制度ですが、誰がどういった企業と接触し、どういう商談を進めているかわかるので、 社員間の情報共有が随分スムースになっていると思います。 また社員数が増えてからも、私も毎日ほとんどの日報メールに目を通していますので、 社員がどういう業務を行っているのか大体把握できるようになりました。 以前、30~40人くらいが社長の目の届く範囲で、それ以上の規模にするのには壁があるとアドバイスを頂いたことが ありますが、その規模を難なく突破できたのは、インターネット時代ならではのこういった制度を導入してきた成果かも知れません。 もちろん私自身も自分の一日のスケジュールにコメントを添えて、ほぼ毎日書いて全社に送っています。 日報のメールでは、割と自由に日々の状況を自分の観点から社員へのメッセージとして伝えることができます。 変化のスピードが速く、朝令暮改が当然のように行われる当社のような組織では非常に有効な制度です。 他の企業から転職してきた人が、私がスケジュールを公開しているのを見て、 「企業の社長のスケジュールは機密事項なのかと思っていました。」と言っていました。 もちろん公開企業なので、情報の取り扱いに気をつけなければいけない仕事も多いのですが、 トップとして自信を持って仕事内容を公開できるような行動をとりたいと思います。情報公開は自信の裏返しです。 そういう意味でも、毎日日報を書くということは良いプレッシャーになっていて良いと思います。