プログラミング学習奨学金制度

小学生のプログラミング学習奨励を目的に、プログラミングを学びたい、デジタルでのモノづくりをしたいという意欲の高い小学生に対してプログラミング学習を無償で提供する奨学金制度として、小学生向けのプログラミング教育事業子会社である株式会社CA Tech Kidsとの連携のもと実施しています。
2014年4月には第一期生となる小学生8名を採択し、半年間100時間にわたるプログラミング学習の機会を無償提供いたしました。同年10月には、第一期生のうち4名がオリジナルのアプリケーションをリリースし、リリース発表会を行いました。
また、2016年4月には、ゲーム開発者を志す小学生を対象とした「ゲームクリエイター奨学金」を新たに設け4名の奨学生を採択しております。採択されたお子様は、プログラミング学習機会の無償提供に加え、「1日こどもCTO」として社内のゲーム開発現場を見学する機会を設けるなど、継続的にプログラミング学習に取り組みながら、ゲーム開発の現場を知り、経験する機会を設けております。

2014年4月の制度開始以来、これまで延べ28名の奨学生を採択してまいりました。本奨学金を活用し、より多くの子どもたちがプログラミングを学び、自らのアイデアを自らの手で形にするという体験をすることで、世の中に対して能動的に働きかける姿勢を養い、21世紀を担う人材として活躍してくれることを期待しています。