小学生向けプログラミング教育

ITを活用し21世紀をリードしていく人材を育成することを目的に、ライフイズテック株式会社と合弁で、小学生向けプログラミング教育事業を行う株式会社CA Tech Kids(読み:シーエーテックキッズ)を2013年5月に設立いたしました。

株式会社CA Tech Kidsでは小学生を対象として、プログラミングスクール「Tech Kids School」、プログラミング入門ワークショップ「Tech Kids CAMP」の運営・開催をおこなっております。子ども向けプログラミング学習ソフトを用いた楽しいゲーム開発から本格的なiPhoneアプリ開発まで、幅広い内容の学習カリキュラムを提供しており、IT技術を用いてアイデアを実現する力を育む講座を行っています。2013年5月の設立以降、これまでに述べ13,000名以上の小学生にプログラミング学習の機会を提供してまいりました。

また、CA Tech Kidsでは、小学校での出張プログラミング授業や、プログラミング教育に関する政策提言活動、行政機関への協力等、公教育におけるプログラミング教育の導入・普及推進のための活動を行っております。出張プログラミング授業は、経済的・地理的な制約に関わらず、すべての子どもたちに対しプログラミング教育を受ける機会を提供したいという思いから、全国の小学校や自治体を訪問して実施しております。2015年11月には、東日本大震災の被災地である岩手県陸前高田市、福島県いわき市で実施いたしました。
また、CA Tech Kids代表取締役社長の上野は、文部科学省のプログラミング教育に関する各種有識者会議に委員として参画している他、2016年4月には政府と経済界の代表の意見交換会合「第5回未来投資に向けた官民対話」に出席し、安倍総理をはじめとした閣僚・政府関係者に、プログラミング教育についての政策提言を行いました。